2018年7月1日

【タヒチ旅行記・持ち物リスト】タヒチ旅行で役立ったおすすめの持ち物たち


タヒチのモーレア島とパペーテへ夫婦で旅行に行ってきました。(6月下旬に6泊8日)

今後タヒチに行かれる方に少しでも参考になればと、以下に私たちの持ち物リストを記録しておくことにしました。
ボラボラ島とか他の島に行く場合でも、だいたい同じような持ち物になるかと思います。

なお、ホテルによってアメニティ等の充実度は異なりますので、事前にご確認いただければと思います。
ちなみに私たちが止まったホテルは↓です。

モーレア:Sofitel Moorea Ia Ora Beach Resort
パペーテ:Hotel Sarah Nui

以下、↓の記号の通り、私たちの主観で評価しました。
持ち物のカテゴライズはてきとーです・・・複数のカテゴリに属しているものもあってややこしくなってきたので、あまり気にせずサラっと書いてしまいましたm(_ _)m

 ◎ 必須!!
 ◯ あると便利!
 △ ケースバイケース
 × いらなかった…

 携行品


◎パスポート
海外旅行なのでもちろん必須です。
実は有効期限が切れていた、なんてことにならないよう事前にご確認を!

◎飛行機のチケット・eチケット
これももちろん必須です。
私たちはeチケットでしたので、受信したメールを持っていきました。

◎スマートフォン
これも必須です。写真を撮ったり調べものをしたり。
通信環境については以下の「電器類」のところに書きます。

◎財布
これも必要です。中身については↓に書きます。

◎現金
成田空港内の銀行の両替所で、CFPフラン(XPF)という現地通貨に両替して持っていきました。(半分ぐらいの両替所ではCFPフランを扱っていませんでした。私たちはみずほ銀行の両替所で交換しました。)

私たちは3万円分ぐらいを現地で使いました。ホテルでは基本カードが使えますが、パペーテの「マルシェ」や「ルロット」といった場所やタクシーでは現金しか使えないことが多いので、なんだかんだ必要でした。
ちなみにタヒチにはチップの文化はありませんので、細かいのをたくさん持っていく必要はありません。

◎クレジットカード
使えないカードのブランドもありますので、できれば何種類か持っていくことをおすすめします。海外旅行保険が付帯されているクレカがあるとGoodです。

タヒチに限らず海外旅行ではクレカは必須◎です。
また、国内でも現金よりクレカの方が圧倒的にお得で、旅行資金やマイルも貯められるので、もし普段あまりクレカを使われていない方がいらっしゃいましたら、この機にご利用を始めてみるのはいかがでしょうか。
現金とクレカについては以前↓の記事を書いていますので、お時間のある際にでもご参照いただければと思います!

「現金派とクレジットカード派、どっちがお得?」論争に終止符を。クレカと現金のメリデメを比較!

◎キャリーバッグ
キャリーバッグ1つに2人分の荷物を詰め込んでいきました。
入りきらなかった物や持ち歩く物はリュックに入れていきました。

◎リュック×2
上記の通りです。

◎濡れていいビニールのバッグ
ビーチにものを持っていく用に、濡れても汚れてもいいビニールの使い捨てバッグ(服を買ったときとかにもらえるもの)を持っていきました。

〇旅程表
ツアーで申し込まれる方は旅程表をもらえると思うのでお忘れなく。
私たちは全て個人手配ですので、Evernoteに簡単な旅程表みたいなものを作ってスマートフォンで参照していました。

ボールペン
入国・出国時の書類に記入したりするのにあると便利です。

 衣類


◎Tシャツ・ショートパンツ・ワンピース等
私たちはほぼこんな感じの姿で行動しました。
ホテルのレストランもこんな感じで全然OKでした。

◎下着・靴下
もちろんこれも必須ですね。

〇羽織るもの
飛行機や夕方に冷えてきたとき用にパーカーやシャツを持っていきました。

帽子
日差しが強いので、気になる方は持って行った方がいいと思います。

サングラス
日差しが強いので、持って行った方がいいです。

◎スニーカー
行き帰りの移動と、パペーテの街中やモーレアの陸地を散策するときに利用しました。
その他、リゾート内では常に↓の「ビーチ用品」に書いているビーチサンダルで行動していました。

 ビーチ用品


◎水着
これがないとはじまりません。

〇ラッシュガード
日差しが強くめちゃくちゃ日焼けするので、あった方がいいと思います。
ただ、私たちが泊まったホテルには日本人は他におらず、さらにはアジア系の方々もめったにおらず、欧米系と思われる方々がほとんどだったのですが、欧米系の方々はラッシュガードを全く着ないので、着てるとかなり浮きました。
強い日差しを防ぐか、強い視線を防ぐかですね・・・。



◎ビーチサンダル
以前ランカウイ島に行ったときに買った「Fipper」を持っていきました。
ビーチはもちろんのこと、リゾート内では常にこれをはいていました。

良質な天然ゴム製で、ビーチサンダルとしてはめちゃくちゃ履き心地が良くておすすめです。
ランカウイとかの現地で買うよりはやはり高いですが、Amazonにもショップが開店されており購入できます。

〇マリンシューズ
場所によっては、ビーチの海底にサンゴの欠片がいっぱいで歩くと痛いので、あると便利だと思います。あと、場所によってはナマコが転がっていたりもするので、踏んでしまうのが嫌なら履いておくのが無難です。
常に泳いでいるか浮いているかすれば不要ですが。



◎シュノーケリングセット
ホテルでも無料で貸してくれましたが、私たちは自前の(↓)があるので持っていきました。
ホテルが貸してくれるかはできれば事前に確認しておくといいと思います。



△ゴーグル
シュノーケリング用のガチな水中メガネを使うほどではなく、ちょっと泳ぎたいときに利用しました。

△浮き輪
プカプカ浮きながら遊びたい場合はどうぞ。

◎水中カメラ
タヒチの海は透明度が高く、たくさん魚がいるので、ぜひとも水中カメラを持っていくことをおすすめします。
私たちはCOOLPIX W100 防水 W100(Nikon)を持っていきました。コスパがいい優れものです。(ちなみに現地のホテルでレンタルすると5,000円ぐらいしました。)
以前モルディブに行ったときに実際に撮影した写真を添えたレビュー記事がありますので、よろしければ参考にしていただければと思います。

おすすめ水中カメラ「Nikon COOLPIX 防水 W100BL」 安い割に高性能なやつ!

 医薬品・スキンケア等


◎日焼け止め
日差しが強く、すっぴんだと火傷のような日焼けをするので、SPF50・PA++++、かつウォータープルーフの強力な日焼け止め(↓)を持っていきました。
ちょっと使い方をケチると、すぐに真っ赤に日焼けしてしまいました・・・。

Amazon


楽天市場

◎日焼け後の化粧水
海から部屋に帰った後、体中にハトムギ化粧水(↓)を塗りたくりメンテナンスしました。この作業が後に大きな差になります。
ほてりを抑えてひんやりと引き締めてくれるので、日焼け後にぴったりです。

Amazon


楽天市場

◎コンタクトレンズ・眼鏡
あたりまえですが、視力が低い方には必須です。

◎胃腸薬
旅の必需品です。

◎鎮痛剤(頭痛薬)
同上です。

◎風邪薬・鼻炎薬等
同上です。

◎目薬
泳いだり日差しを浴びたりするので、目薬もだいぶ使いました。

◎絆創膏
サンゴとかで切ったりしてしまうかもしれませんので、持っていると安心です。
私たちはキズパワーパッドを持っていきました。

◎軟膏(アロエクリーム)
痛い日焼けをしてしまったり、ケガをしてしまったりしたときのために持っていきました。

△酔い止め
私たちは使いませんでしたが、タヒチ島からモーレア島に移動する船や、船を使ったエクスカーション(イルカウォッチングや釣り等)では結構揺れることがありますので、船酔いしやすい方は持って行った方がいいと思います。

〇かゆみ止め
虫に刺されたとき用です。私たちは持っていくのを忘れました・・・。でも虫に刺されず、結果的には問題ありませんでした。

〇虫よけスプレー
意外と刺すような虫は少なかったように思いますが、よく虫に刺される方や、お子様がいらっしゃる場合はあった方がいいと思います。

◎その他常備薬
その他、必要な常備薬がある方は忘れずにお持ちください。

 身のまわり品


◎歯ブラシセット
私たちが今回の旅行で泊まったホテルは2件(モーレアとパペーテ)でしたが、どちらにも歯ブラシセットがありませんでした。置かれているホテルもあるかもしれませんが、持って行くことをおすすめします。

シャンプー・トリートメント・ボディーソープ
モーレアのホテルには石鹸とシャンプーとトリートメントが、パペーテのホテルにはシャンプーとボディーソープがありましたが、ガサガサになるので自前のを持って行った方がいいと思います。

◎化粧品類
女性の方は必須だと思いますので書いておきました。

ヘアブラシ
これもホテルに置かれていませんでした。

シェイバー
これもホテルに置かれていませんでした。

◎ポケットティッシュ
これも必須ですね。

〇ハンドタオル
リゾートのホテルにはタオルがたくさんあると思うのであまり使う機会がないかもしれませんが、外で行動するとき用にあった方が便利だと思います。

◎ビニール袋
着た後の衣類を入れたり、海で濡れた物を入れたりと様々な場面で活躍するので、多めに持っていきました。

×洗濯紐
濡れたものを干す用に100均で買った洗濯紐を持って行ったのですが、紐をかける場所がなく、ハンガーもたくさんあったので、結局使いませんでした。

 電器類


◎スマートフォンの充電器
↑のスマートフォンのところに書くべきだったかもしれませんが・・・それはさておき、これも当然必須の持ち物です。
スマートフォンの充電器に限らず、「100-240V」対応のものであれば変圧器なしで利用できます。ちなみに私たちが持って行ったiPhoneの標準アダプタや、水中カメラの充電器等は全て「100-240V」対応でした。今どきほとんどの充電器は対応してると思います。
アダプタの側面をよく見ると、細かーい文字で表記されていますので、確認してみてください。

◎電源変換コネクタ
電圧はOKでも、コンセントの穴は日本と異なりますので、変換コネクタは必須です。
私たちは海外旅行の際にはいつも↓の変換コネクタを持って行っています。あらゆるコンセントに対応できる優れものです。

Amazon


楽天市場

△スマホの自撮り棒
もらったのがあったので持っていきましたが、私たちは結局使いませんでした。

△レンタルWi-Fiルーター
モーレアではほとんどホテルに滞在しているのと、ホテルには無料のWi-Fiが設置されているとの情報があったので、レンタルWi-Fiルーターは持っていきませんでした。

ところが、特にモーレア島の通信環境は非常に悪く、ほとんどインターネットが使えませんでした。(遅いどころか、ほぼ繋がらない)
ホテルにチェックインしたときに渡された案内の紙でも、「モーレア島内のインターネット環境はよく有りません」と宣言されてしまっておりました・・・。

レンタルWi-Fiルーターであれば快適に利用できるのかは未検証ですが、ネットがないと絶対ダメという方は、借りて行った方がいいかもしれません。
私たちは海外旅行にWi-Fiルーターを持っていくときは、イモトのWi-Fiを利用しています。お手頃価格で(タヒチでは未検証ですが)いつも快適に利用できています。



〇Kindle
飛行機やビーチで紙の本を読んでいる方々がたくさんいましたが、紙の本はかさばるし思いのでKindle Paperwhite(or Kindleアプリ)が便利です。何十冊でも持ち歩くことができます。
ただし、上記の通り通信環境が悪いので、必要な本は購入するだけでなくオフラインでも利用できるよう事前に端末にダウンロードまで完了しておくことをおすすめします。

△カメラ
私たちはスマートフォンと水中カメラで十分でしたが、もっと本格的なカメラが必要な方はお忘れなく。

 快適品


〇エア枕
飛行機で快適に過ごすためのアイテムです。いつも持っていきます。

〇機内用スリッパ
同上です。

◎耳栓
周りに子供がいたりして眠れないことがあるので、いつも耳栓を持っていきます。
また、おかい♂は耳が繊細で、気圧の変化で耳がめちゃくちゃ痛くなるので、飛行機に乗るときはいつもサイレンシア フライトエアーを持って行っています。これを使うと耳の痛みがだいぶましになります。

△マスク
機内の乾燥が気になる場合はあると便利です。

△ホットアイマスク
機内でリラックスしたり、光を防いだりするためにあると便利です。

 食品類


私たちは今回は節約旅で、ホテルのプランはオールインクルーシブ(全食付き・飲み放題・その他特典付き、的なの)じゃありませんでした。ビュッフェの朝食だけ付いているプランでした。
ホテルの食事はだいぶ高くて、私たちが止まったホテルの周辺にはスーパーとかもなかったので、一日一食は以下のインスタント食品を食べて節約しました。
なので◎とかにしていますが、オールインクルーシブの方にとっては△だったり×だったりすると思います。適宜変換してご参照ください。

◎プロテインバー
海で身体を動かしますので、タンパク質の補給のためにプロテインバーを箱買いして持っていきました。(チョコは溶けるのでグラノーラ)
小腹が減ったときにも食べることができ、あまりかさばらず、大活躍でした。

Amazon


楽天市場

◎青汁
野菜不足になりがちなので、節約食事と合わせて青汁を飲みました。
↓のを箱買いしました。青汁にしては飲みやすいです。当然使いきれませんが、余った分は普段飲んでます。

Amazon


楽天市場

〇カップ麺
カップ麺もいくつか持っていきました。

◯割り箸
カップ麺を食べるための割り箸ですが、私たちはうっかり忘れてしまいました・・・。カップ麺を持っていくなら必須です。
幸いにも行きの機内食に割り箸やプラスチックのフォークが付いていたので、それをできるだけ使わずに確保して持っていきました。

△お菓子
お菓子もちょっと持っていきました。

 その他補足


×傘
タヒチでは傘をさす習慣はないようです。さしていると浮きます。
たまに短時間、雨が降ることがありましたが、みんな濡れっぱなし(晴れたらすぐに乾く)か、その辺で雨宿りをしていました。

◎ウェディング関連のもの
私たちはただの旅行だったので持って行っていませんが、現地で挙式したりウエディングフォトを撮ったりする方もいらっしゃるかと思います。その場合は当然ながらウエディング関連で必要なものもお忘れなく。


以上、私たちのタヒチ旅行の持ち物リストでした。
もちろん時と場合、人によっている/いらないはありますので、ご参考までにご参照いただければと思います!