2018年7月21日

【業務効率化・Windows】「ファイル名を指定して実行」を簡単カスタマイズ!あらゆるファイル・フォルダ・アプリ・URLを“一瞬で”開く方法

Windowsの最強標準機能の一つ「ファイル名を指定して実行」は活用されているでしょうか?


実はこの機能、業務効率化にめちゃめちゃ役立つ機能です。
使いこなせば、あらゆるファイル・フォルダ・アプリ・URLをどこからでも簡単に、一瞬で開けるようになります。

以下、「ファイル名を指定して実行」の基本的な活用方法と、より便利に利用できるよう自由にカスタマイズする方法をご紹介いたします。
(Windows10での操作を想定して記載していますが、他バージョンのWindowsでもほぼ同様です。)


 基本編1) まずはここから!URLやファイルパスを一瞬で開く


Windowsキーを押しながらRキーを押すことで、「ファイル名を指定して実行」を開くことができます。

何か開きたければ、まずWindows+R!

これが業務効率化の基本動作です。


「ファイル名を指定して実行」を開いたら、URLやファイルパスを貼り付けてEnterキーを押すことで、それを一瞬で開くことができます。
以下にお試し用の例を挙げてみます。

例)URLを開く


  1. 以下のURL(当ブログのURLです)をコピー(Ctrl+C)してみてください。
    https://oshi-log.blogspot.com/
  2. Windowsキー+Rキーを押下して「ファイル名を指定して実行」を開き、上記1でコピーしたURLをペースト(Ctrl+V)し、Enterキーを押下してみてください。

どうでしょう?ブラウザで上手く当ブログが開いたでしょうか?

例)ファイルパスを開く


  1. 以下のファイルパスをコピーしてみてください。
    C:\Windows\
  2. Windowsキー+Rキーを押下して「ファイル名を指定して実行」を開き、上記1でコピーしたファイルパスをペーストし、Enterキーを押下してみてください。

どうでしょう?「Windows」フォルダが開いたでしょうか?
(注:「C:\Windows」フォルダが存在しないPCの場合は開きません。何でもいいので存在するファイルパスでお試しください。)

以上が超基本です。でもこれだけだとそこまで便利とは言えませんよね。
以下、活用すればするほど便利になっていきます。


 基本編2) Windows標準のアプリを一瞬で開く


Windows+Rで「ファイル名を指定して実行」を起動した後、特定の決まったキーワードを入力してEnterキーを押下することで、Windowsに標準で搭載されている以下のようなアプリ類を一瞬で開くことができます。

とても便利なので、慣れるとクセになります。
私はPCを使う日で、Windows+Rを使わない日は全くありません。

例えば、Windowsキー+Rキーを押下して「ファイル名を指定して実行」を開き、「notepad」と入力してEnterキーを押下してみてください。「メモ帳」が一瞬で開きます。

「calc」だと電卓が、「excel」だとExcelが、「control」だとコントロールパネルが・・・以下のように、Windows標準のあらゆるアプリやフォルダを一瞬で開くことができます。

自分がよく使うものを覚えておくと、かなり便利です。

割とよく使うコマンドの一覧

notepad:メモ帳
calc:電卓
mspaint:ペイント
excel:Excel
winword:Word
powerpnt:Power Point
msaccess:Access
outlook:Outlook
iexplore:Internet Explorer
wordpad:ワードパッド
control:コントロールパネル
cmd:コマンドプロンプト
powershell:Power Shell
regedit:レジストリエディタ
mstsc:リモートデスクトップ
taskmgr:タスクマネージャー
eventvwr:イベントビューアー
magnify:拡大鏡
appwiz.cpl:プログラムと機能
inetcpl.cpl:インターネットオプション
ncpa.cpl:ネットワーク接続  等々

その他、インターネットで調べるとマニアックなコマンドの一覧もいろいろ出てくると思いますので、興味のある方は調べてみてください。
(インストールされていないソフトウェア等はコマンドを入力しても開けません。)


応用編1)自分の好きなファイル・フォルダ・アプリを一瞬で開けるようにする


さっきまでのは「ファイル名を指定して実行」の普通の使い方ですが、ここからは応用編として、自分の好きなファイル・フォルダ・アプリを自由に開けるようカスタマイズする方法をご紹介いたします。

工夫次第で、毎日の作業がめちゃくちゃ効率化されますので、ぜひご活用ください!

例えばですが、Excelで作ったタスク管理表を「task」と入力するだけで一瞬で開けるようにしたり、マニュアル類を集めたフォルダを「manu」と入力するだけで一瞬に開けるようにしたり…といった感じです。

特に、深いフォルダ階層(例 C:\Users\sample\Documents\01_sample\001_test\test.docx みたいな)にあるにもかかわらずよく使うファイルを一瞬で開きたいとき等に、絶大な効果を発揮します。

カスタマイズ手順


ここでは、「C:\test\」フォルダ内にある「test.xlsx」を、「test」というキーワードで開けるようにする場合を例として、設定方法を記載します。
(ファイルやキーワードの部分は、自分が一瞬で開けるようにしたいものに読み替えてください。)

Windowsの細かい仕組みはわからなくても、以下の方法を単純に実施すればカスタマイズできます。

なお、以下の手順はファイルのショートカットだけではなく、フォルダのショートカット(手順1で「フォルダ」を右クリックしてショートカットを作成)やアプリのショートカット(手順1で何らかのアプリの実行ファイル(exeファイル等)を右クリックしてショートカットを作成) でも使えますのでお試しください。

  1. 「C:\test\test.xlsx」のファイルを右クリックして、「ショートカットの作成」をクリックする。
  2. 「test.xlsx - ショートカット」のようなショートカットファイルができる。当ショートカットファイルの名前を「test」に変更する。
    (ここで変更した名前がキーワードとなり、「ファイル名を指定して実行」に入力するものとなる。)
  3. 上記2で作成したショートカットファイル「test」を「C:\Windows\System32」フォルダの中にぶち込む。※
  4. Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を開き、「test」と入力してEnterキーを押下することで、test.xlsxがどこからでも一瞬で開く。

※ System32フォルダ内にはWindowsにとって大切なファイルがたくさんありますので、誤って他のファイルを消したりしないよう十分注意してくださいね。また、このフォルダがなかったり、ショートカットファイルを入れたけど開けるようにならないという方は、ちょっと専門的ですが以下のサイト等を参考に「環境変数」が通っているフォルダ内にショートカットファイルを入れてお試しください。
@IT「Windows 10でPath環境変数を設定/編集する」


応用編2)自分の好きなURL(サイト)を一瞬で開けるようにする


上記「応用編1」の手順を踏めば、あらゆるファイル・フォルダ・アプリが開けるようになるのですが、実は弱点があります。
それが、インターネット上のWebサイトのURLはショートカットを作成しても、ファイル名を指定して実行では開けないということです。

でも、よく見るWebサイト、仕事で毎日使うWebサイト等が一瞬に開けるようになると便利ですよね。
というわけで、「ファイル名を指定して実行」中毒者の私は我慢できず、直接URLを開けないのであれば、URLをブラウザで開く簡単なツール(コマンドファイル)を作って、そのツールのショートカットを使うことで間接的に開くという方法を利用することにしました。

以下、手順として当ブログのURLを用いていますが、このURL部分やキーワード部分(ショートカットファイルのファイル名)は一瞬で開きたい好きなサイトのURLやキーワードに置き換えてください。

カスタマイズ手順

  1. 任意の場所にtxtファイルを作成し、任意の名前(URL起動ツール等)をつけた上で、拡張子(.以降の部分)を「.cmd」とする。つまりこの例では、「URL起動ツール.cmd」のような名前をつける。
    すると「拡張子を変更するとファイルが使えなくなる可能性があります」的な警告メッセージが表示されるが、無視して「はい」を押下する。
  2. 上記1で作成したファイルを右クリックし、「編集」を押下する。編集画面に以下のコードをコピー&ペーストする。

    start https://oshi-log.blogspot.com/
    .
  3. ファイルを保存して閉じる。
  4. 上記3で保存したcmdファイルを右クリックし、「ショートカットの作成」をクリックする。

    あとは応用編1の手順と同様。
    .
  5. 上記4で作成したショートカットファイルの名前を「oshi」に変更する。
    (ここで変更した名前がキーワードとなり、「ファイル名を指定して実行」に入力するものとなる。)
  6. 上記5で作成したショートカットファイル「oshi」を「C:\Windows\System32」フォルダの中にぶち込む。
  7. Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を開き、「oshi」と入力してEnterキーを押下することで、当ブログがどこからでも一瞬で開く。

ぜひ上記手順のサンプルで作成した当ブログのショートカットはそのままにして、いつでもどこからでも「ファイル名を指定して実行」していただけると嬉しいです!笑


 おわりに


以上、「ファイル名を指定して実行」をフル活用する方法でした。

ひとつひとつの操作は(ファイル名を指定して実行を使わなくても)たいした手間ではないかもしれませんが、毎日のちょっとした作業の削減が積み重なることで、立派な業務効率化になります。

フル活用してみるとわかりますが、これ、本当にめちゃくちゃ便利です。
皆様にも業務効率化の効果を実感していただきたいと思いますので、ぜひともお試しください!

 

2018年7月8日

小銭入れはもういらない!“あれ”を使って財布をスッキリさせる方法


私は日常生活でできる限り現金は使わず、キャッシュレス生活を心がけています。

現金は、会計の都度細々と小銭を財布から探して、おつりの区切りが良くなるように計算して支払って・・・という作業がめんどくさいですし、ポイントは貯まらないし、何にいくら使ったかの管理が難しいし・・・さらに物理的な観点でも、財布がかさばってパンパンになり、重くなったりするからです。

とはいえ未だに日本は出遅れており現金主義で、現金しか使えない店や自販機等がけっこうあるので、紙幣はいくらか財布に入れています。

でも、その現金しか使えない場所で紙幣を使ってしまうと、おつりでジャラジャラと小銭が発生します。
そうなるとまた財布がかさばるわ重くなるわで、残念なことになってしまいます。
小銭入れに分けて入れるのもめんどくさいですし、財布と小銭入れを両方持ち歩かなくてはなりません。

それをなんとかするために考えたのが、駅を通るときにPASMO等の交通系電子マネーに小銭をチャージするという方法です。
財布がスッキリします。チャージしたお金(小銭)は電子マネーとして使います。

駅とかで交通系電子マネーのチャージをするとき、1,000円単位でしか選択できないと思われていることが意外と多いのですが、実は画面をよく見ると、10円単位のチャージができる機能があります。

以下、PASMOの例でやり方を書きますが、他の交通系電子マネーでも同様の機能はあると思います。
まだ使われたことのない方はぜひお試しいただければと思います!

10円単位のチャージをする方法(PASMO)


①チャージ画面を開き、「その他の金額(10円単位)」を選ぶ。


②小銭を入れて、「投入金額全てをチャージする」ボタンを押下する。
 (または、チャージしたい金額を入力して、確認ボタンを押下する。)


③チャージが完了する。


これで財布がスッキリ!小銭入れもいらないです。

この小銭チャージ機能は、キャッシュレス生活を送るのに便利で重宝しています。
10円未満の小銭はチャージできないので募金ですね。


それにしても、日本に電子マネーが登場してからもうだいぶ経っていますが、それでもキャッシュレス化が全然進んでおらず、これだけ現金主義なのは逆にすごいですね。

例えば中国ではモバイルペイメントが急速に普及し、今では当たり前(むしろ現金では支払えない店もたくさん)になっていますが、日本でもクレジットカードや電子マネー以外にも、モバイルペイメントが普及したり、そこに仮想通貨が絡んできたり・・・といったキャッシュレス化は果たして進んでいくのでしょうか。

まずは東京オリンピック・パラリンピックに向けて、またその先5年、10年と、日本の“お金”がどうなっていくのか楽しみです。


<関連記事>
「現金派とクレジットカード派、どっちがお得?」論争に終止符を。クレカと現金のメリデメを比較!



 

2018年7月5日

【モルディブ vs タヒチ】新婚旅行はどっちがいい?現地で感じた違いを比較してみた。


新婚旅行(ハネムーン)でモルディブかタヒチのどっちかに行きたいと考えている方はけっこういらっしゃると思います。

私たちもそうでした。他の候補地も含めていろいろと比較していたのですが、最終的には日程の関係等もあり新婚旅行はモルディブに行きました。
数年後、今度は普通の海外旅行としてタヒチ(モーレア島)にも行きましたので、そのとき感じたモルディブとタヒチの違いについて、参考までにざっくりと感覚的に挙げてみました。

とはいえ、モルディブもタヒチもホテルによって立地も環境も内容もグレードも違いますので、あくまで参考程度にご参照いただければと思います。

また、タヒチと言ったらモーレア島の他にボラボラ島が有名ですが、私たちはボラボラ島には現時点で行ったことがありませんので、以下でボラボラ島について挙げているときは旅行前の比較検討段階で調べたレベルの情報であり、実体験に基づいたものではないこともご了承いただければと思います。

ちなみに私たちが泊まったホテルは以下の通りです。

モルディブ:Olhuveli Beach & Spa Maldives
タヒチ:Sofitel Moorea Ia Ora Beach Resort


 海


まずは海について比較してみたいと思います。

海の綺麗さ


どっちもやばいぐらい綺麗です。笑
ただ、ビーチから眺めた感じで言うと、モルディブの方が若干綺麗だった気がします。
ホテルにもよる(モルディブでは基本、1島1リゾート=島が丸ごとホテルなので、ホテルによって環境が変わる)と思いますが、モルディブの方が遠浅で、海の水色が映えていたからかもしれません。

ただ、私たちがタヒチで滞在したのはモーレア島ですが、タヒチの中でも特に海が綺麗ということで有名なのがボラボラ島です。ボラボラ島ならモルディブに勝るとも劣らないかもしれません。

海の深さ


タヒチの海も遠浅ではありますが、モルディブと比較すると、沖に近づくほど結構深くなる印象です。
モルディブの場合はビーチからだいぶ進んでも水位は膝ぐらいまででしたが、タヒチではある程度行くともう足がつかないぐらい深くなりました。


どちらもエクスカーションのシュノーケリングコースに参加し、ポイントに連れて行ってもらえばたくさんの魚たちが泳いでいます。
ただ、ホテルのビーチから泳げる範囲の海で見る限りでは、タヒチの方がかなり多くの魚が泳いでいました。

ビーチから泳げる範囲では、タヒチの方がサンゴ礁が多く、モルディブの方が海藻が多かったです。

なお、それぞれ泳いでいる魚の種類はけっこう異なります。
(私のように…)魚好きの方は、事前にどんな魚が生息しているのか調べて比較してみるのも楽しいかもしれません。


 食事


リゾートなので、ホテルではどちらも様々なジャンルの食べ物が食べられますが、地域的にモルディブはアジアン系の料理が、タヒチはフランス系の料理が多いです。

また、これもホテルによって料理の質は異なるとは思いますが、食事に関しては圧倒的にタヒチが美味しかったです。

フルーツもタヒチの方がやや美味しかったです。
が、日本のフルーツが圧倒的に美味しいです。笑


 費用


これはホテルによってだいぶ違いますが、私たちがいろんなホテルを調べまくった感じからすると、超ざっくり言って↓のようなイメージでした。

高 タヒチ(ボラボラ島)> モルディブ > タヒチ(モーレア島) 安

物価はどっちも同じぐらいのリゾート価格、だいぶお高いです・・・。
ちなみに、モルディブにはチップの文化がありますが、タヒチにはありません。


 言語


どちらもホテルでは英語で通じます。
タヒチはフランス領なので、フランス語(公用語の一つ)でも通じます。

またどちらも、ホテルによっては日本語が使えるスタッフがいることがあります。

ちなみに、これもホテルによる(もはやこればっかですね・・・)のですが、タヒチで私たちが泊まったホテル※には日本人が他に誰も見当たらず、アジア系の方々もほとんどおらず、ほぼ欧米系と思われる方々でした。モルディブには中国人が結構いて、日本人もちらほらいました。

※とてもいいホテルだったのですが、たまたま日本のツアー会社からはあまり利用されていないホテルだったからかもしれません(私たちは個人手配でした)。行き・帰りの飛行機には日本人がたくさんいました。


 アクセス


モルディブ

日本からの直行便はありません。
スリランカ航空かシンガポール航空で行くのが一般的です。私たちはスリランカ航空で行きましたが、機内環境はきつかったです。
モルディブの首都マーレまで13時間前後ぐらいかかります。マーレから各ホテルの島まで、飛行機か船でさらに移動することになります。

タヒチ

日本からの直行便があります。
エアタヒチで行くのが一般的です。エアタヒチの機内環境はけっこう快適でした。
タヒチの首都パペーテまで11時間ぐらいかかります。パペーテからボラボラ島やモーレア島まではそれぞれ飛行機、船で1時間弱ぐらいかかります。


 生き物(魚以外)


苦手な生き物がいる方もいらっしゃるかもしれませんので、魚以外で主にどんな生き物が多いと感じたかを書いてみます。
特に危害(?)を加えられることはありませんでしたが

モルディブ

トカゲ(足が長めだった)、コウモリ(日中にも飛んでた)、いろんな鳥類(特に小さめのカラス)

タヒチ

ナマコ(ちょくちょく海に転がってた)、いろんな鳥類(特にニワトリ)


 観光


どちらもリゾートで、観光という感じではないですが、モーレア島では山に登ったり展望台に行ったり、小さな町があるのでスーパーで買い物をしたりといったこともやろうと思えばできます。
モルディブは基本1島1リゾートなので、島には観光要素はありません。ただこれが悪いというわけではなく、リゾート以外に“何もない贅沢”でもありますので、非日常感がより強く、ゆっくりできます。

なお、モルディブもタヒチも、それぞれ首都もマーレとパペーテでは少し観光ができます。が、首都においてはパペーテの方が観光ポイントはまだ多いです。治安もパペーテの方が良いです。


 お土産


モルディブ

お土産がマジでないです。名物と言ってぱっと出てくるものもなく、バラまき用のお土産も少なく、何を買うか迷いました。なんとか買ったお土産たちも、品質はあまり良くありませんでした。

タヒチ

お土産はたくさんあります。
名物としても黒真珠(高いですが…)、タマヌオイル、バニラ、木像・石像などいろいろあり、バラまき用のお土産も多く、困りません。


 総合評価


あくまで私たちが泊まったホテル基準で、しかも完全に主観ですが、総合力ではどちらかと言うとモルディブよりタヒチ(モーレア島)が勝っていた気がします。

「もう一回行くならどっちがいい?」と聞かれたら、悩みますがタヒチと答えると思います。ただ、もしもう一回タヒチに行くなら、今度はボラボラ島に行ってみたいですが。笑

持ち物リスト

モルディブ旅行時の持ち物リスト
タヒチ旅行時の持ち物リスト

モルディブ旅行記

そうだ!ハネムーンへいこう! ~モルディブまでの道のり~
モルディブでウエディングフォト~準備①~
モルディブでウエディングフォト~準備②~
モルディブ旅行記 ~オルベリ ビーチ & スパ リゾート~
モルディブ旅行記 ウエディングフォト編
モルディブ旅行記 お土産編 ~モルディブのお土産はどこで買う?~