2016年1月28日

【iPhone】ユーザー辞書のフル活用で、文字入力を超スピードに!

iPhoneのユーザー辞書って使ってますか??

私の周りに意外と活用していない人が多かったので、今回はユーザー辞書の基本的な使い方と、文字入力を超スピードにするための応用的な使い方について記載します...〆(^-^)

iPhoneの文字入力を効率化するための全般的なワザについては、↓の記事をご参照ください。
【iPhone】文字入力スピードの“限界を超える”ための便利機能まとめ

ユーザー辞書とは?


ユーザー辞書とは、その名の通りユーザーが作る辞書です。

iPhoneにはもちろん標準で辞書が登録されていて、例えば「たろう」って入力すると、「太郎」「太朗」のように変換することができますよね。

でも例えば「幸運」と書いて「らっきい」と読むキラキラネームがあったとしたら、iPhoneで「らっきい」って入力しても変換できません

そんなとき、ユーザー辞書を使います。
ユーザー辞書に「幸運」は「らっきい」と読む、ということを登録しておけば、文字入力の際に変換できるようになります。

このように、珍しい人名や地名、専門用語などを変換できるように登録するのが、基本的な使い方です。


ユーザー辞書の登録方法


(1)設定→一般→キーボード→ユーザ辞書を開きます。

(2)画面右上の“+”をタップします。

(3)変換できるようにしたい単語を登録します。

例えば「らっきい」と入力したら「幸運」と変換できるようにしたい場合は、↓のように入力して画面右上の“保存”をタップします。

すると、文字入力の際に変換候補に出てくるようになります。


応用編:メールアドレスの登録


ここからはユーザー辞書の応用的な使い方です。
上手く活用することで、文字入力を高速化することができます。

まずはメールアドレス(メアド)の登録です。
友達にメアドを教えるときだけでなく、Webサイト上の各種入力フォーム、ログインIDなど、メアドを入力することは何かと多いものです。
その時いちいち半角英数のメアドを打ち込む時間は馬鹿になりません。

そこで、メアドを↓のように登録しておくと超便利です。

メールアドレスの登録例


ほっと→oshilog_sample@hotmail.co.jp

やふー→oshilog_sample@yahoo.co.jp

じー→oshilog_sample@gmail.com

私はいくつかメアドを持っているので、(「めーる」で登録するのではなく)↑のように区別して登録しています。


応用編:住所の登録


住所の一部または全部を登録しておくのも便利です。

誰かに教えるときだけでなく、住所もWebサイト上のフォームに入力することが何かと多いと思いますので。

住所の登録例


じゅうしょ→東京都千代田区丸の内1-1-1マルマルハイツ501

Webサイトの入力フォームは都道府県や市区町村などで分かれていることが多いので、マンション名などの部分だけを分けて登録しておくのも便利です。

じゅうしょ→マルマルハイツ501

同じ読み方で複数の単語を登録することが可能ですので、↑の全部住所と一部住所を両方「じゅうしょ」として登録することができます。
もちろん、マルマルハイツの方は「まんしょん」と登録するなど、分けても構いません。使いやすいように登録してください(^。^)

ちなみに、↓のように登録すると、「じ」と入力しただけで住所に変換できるようになります。

じ→東京都千代田区丸の内1-1-1マルマルハイツ501

でも、このように登録すると、住所を打ちたいわけではなくても「じ」と打つだけで毎回住所が変換候補に上がってきてうっとうしいので、やるとしても「じゅ」ぐらいまでにしておいた方が無難です。


応用編:よく使う定型文の登録


よく使う定型文を登録しておくと、文字入力のスピードが劇的にアップします。
例えば↓のような感じです。

定型文の登録例


おせわ→お世話になっております。

よろ→よろしくお願いいたします。

いじょう→以上、よろしくお願いいたします。

↑はビジネス系の定型文でしたが、もちろんプライベートでよく使う文があればそれでもOKです。


応用編:よく使う記号の登録


「きごう」と入力して変換すると、全記号が変換候補に上がってきます。
でも、その中から使いたい記号を探すのは面倒です。

そこで、よく使う記号をユーザー辞書に登録しておくと便利です。

よく使う記号の登録例


ころん→:

複数の記号や文字を組み合わせて、↓のように登録するのも便利です。

てん→・・・

わら→(笑)


応用編:顔文字の登録


キーボードの顔文字マークをタップしたり、「かおもじ」と入力して変換したり、「にこ」のように入力して変換することで、顔文字を入力することは可能です。

でも、よく使う顔文字や、iPhoneに登録されていない顔文字を使う場合は、↓のように登録しておくと便利です。

顔文字の登録例


ぴーす→(^-^)v

がくがく→((( ;゚Д゚)))ガクガク

じゃいあん→(ю:】


おまけ:全角スペースの登録


iPhoneのキーボードでは、全角スペースを入力することができません。
まあ普段は半角スペースでいいのですが、困るのがWebサイトの入力フォームで全角必須になっているときです。(氏名の間に全角スペースを入れたりしないといけなかったりするやつです。)

今どき、全角スペースが必須となる作りをしているフォームは少ないですし、全角必須であっても半角スペースを自動で全角スペースに変換してくれたりするので、ほぼ使う機会はありませんが、未だにたまに全角スペースの入力が必要なイケてないサイトは存在します。

そういういざというときに備え、↓のような登録をしておくと便利です。

ぜんかく→ _

「 _」←このカッコ内の部分をコピペして登録してください(^_^)v

_の前に全角スペースがあります。
スペースだけではユーザー辞書に登録できない仕様なので、_とセットで登録しています。



以上、ユーザー辞書をフル活用することで、文字入力のスピードアップは間違いなしです。

いくつかの例を記載しましたが、いろいろとアレンジして、ご自身にとって使いやすい登録方法を見つけてくださいね(^-^)